暗号通貨(資産)の雑記帳

専門的な話なら他へどうぞ!!

新日本プロレス対UWFとはなんぞや。共同幻想編

正直全然ビットコイナーとブロックチェイナーの違いとか分からんのだけども、私が言うならこうだよなって思ったフレーズで思いついたのが、新日本プロレスUWFの違いについてってことなんだけど。

 

 

ブロックチェーンビットコインの関係性というよりは、どこに根があるのかっていう歴史を紐解いていくほうが面白いとは思うんだよね。相容れるようで離れて話したい・話したほうがメリットがあるって感じで。

 

とりあえず私が抱くビットコイナーとは

騒動屋っていうフレーズが一番似合うと思うんだけど、全然皮肉でもなくて良いように言ったら基本的に評価の定まっていないことに関して自分なりの答えを持っててそれを広めることに生きがいを感じる人。今では新型コロナに関心をとられているようなのも特徴なんだと思うんだけど、とてもプロレス的な人なんだと感じてるところです。

 

 

ブロックチェイナーとは。

そもそもブロックチェイナーって何?って思うんだけど、これは新日からHFして作られたUWFという格闘路線のプロレスがあって、これを説明するの難しいんだけど今の仮想通貨もブロックチェーンも違う枠組みで語られがちだけど、UWFこそ格闘技という枠組みだと思わせることで成功したムーブメントなんですよね。プロレス歴史的に見たら。

ブロックチェイナーもそこに目を付けた人なんだと基本的に思ってる。

 

 

まあ、それくらいの認識しかないんだけども、UWFを簡単に説明するとプロレスからHFして格闘技路線プロレスで一大ムーブメントを起こした団体UWFがあって、そこからさらにHFしたのが元タイガーマスクの佐山が創設した修斗という純格闘技団体だったり、K-1UWF系が選手が作ったUインターから発展してできたプライド1とかが融合してできていった現在の「日本の」総合格闘技に至るんですが・・・。

どこまでも離散融合が可能なほうがブロックチェイナーっていう私のイメージで語るのに一番合ってたんですよね。

ビットコイナーは枠組みから外れたらその名称たる資格ないですよね。そこがプロレス的なんですよ。

 

 

ただ、上記で説明した通り

現在プロレスと総合格闘技の枠組みを同じ枠組みで語る人がほとんどいないように、ビットコイナーとブロックチェイナーも同じ枠組みで語ること自体ナンセンスな時代もそのうち来るんだろうなーっていうのが

 

 

 

プロレス史的に見た私の予言です

bitbank