暗号通貨(資産)の雑記帳

専門的な話なら他へどうぞ!!

ojisanはかく語りき

おじさん、まあおじさんと言われても仕方がない年ではあるんだが・・。

ブロックチェーン業界の若者を見ていると思うんだが、羨ましいなあと常々思う。

 

 

私もおじさんになる前は若者だったことがあるんだが、その若者の時にとある会社のスタートアップから働くことになったんだけど、その時はまあ法律的にも整備される前でもあったし、世間的な理解というのも旧い常識しかないような状態で、自分たちがなんでも作ってやるという意気込みで仕事をしだしたんですけどね

 

 

ありがたいことに資金繰りは何とかなる状態でしたし、こんな立派な建物も作ったぞ!と意気揚々としてる時に、ある権威の集団から会社見学の依頼があって私がその案内役をすることになったんですが、それはそつなくできたとは思うんですが、あとで社長から私の案内を見ていた人から、「あの人は自分のするべきことが分かってる」と評価されたことがあったんです。

その時はそれを聞いて腹立ったんですよ。

 

 

天狗だったんでしょうねえ。

えらい人たちなんかに評価されたくないってのと、上から目線が気に食わないってので結構本気でクレーム入れようとしたくらいで。。

 

 

まあ、そんなことがあってから、数年がたって社員が増えて家庭ができて会社も大きくなって、その社員に家庭もできて子供が増えてとするんですが、さらには法的にも整備され世間の評価もだんだん厳しくなって、地域や行政とも仕事をするようになっていって、どんどん責任が大きくなっていくしんどさを感じるようにもなりました。

10年くらいたったころだろうかね。

 

 

それくらいから、いかに私が世間に対して仕事もできなくて役にも立てないぼんくらだということが理解できるようになっていきました。分かるんですよ、それくらいは。

でも凡人だから理解するのに10年かかった。あの10年はボーナスステージでしたね完全に。世間に責任を感じないでする仕事なんて立場によっては評価に値しないんですよねー。

対世間という一番厄介で根気のいる仕事ってのは、通り一遍の説明や自分たちの常識でのみ話をしたところで共感とか評価とかというのは得られません。人に届く言葉を持たない事業というのはその業界だけでしか通用しなくて外に出れないんですよ。でもそれだと大きくなれない。

 

 

なので何度も何度も説明会や地域周りを続けたり、おひとりでも興味を持っていただいたりできたなら、その人だけのために時間を取って説明をさせていただいたりというたぐいの根気のいる仕事が山のように待っていました。会社を続けていればそういう時期がどこかで来るとは思います。

 

 

で、昔偉そうなおっさんが言っていた「あの人は自分のするべきことが分かっている」と言っていただいた言葉がありがたいと思い返すようになりました。その言葉をいただいたからこそ根気がいったり心が折れそうなことがあっても、自分たちや応援してくれる人がいる事業に自信が持てたんですよ。

今でもまだ会社に席はあるんですが、老害なので外で仕事するようにしてます()

 

 

とま、おじさんだから回顧できることが一つくらいあるんですが、今のブロックチェーン業界で働いていたり関わっていたりする人たちが、羨ましいと思うんですよねえ。

同年代の人たちも暗号通貨に興味を持つ人たちがたくさんいると思うんですが、自分たちがやってきたりしてきた道を、今また大きなスケールで挑戦してる人がいるってことだけで、なんだか応援したくなるんですよね。

上からじゃなくて下から目線で。

そうとう僕らしい

体調崩して暇だったからあちこち見てたんだけど、体調不良の期間中ずっとその作業をしてました。100円で買って110円から150円で売る作業。まあ、100回しても利益5000円だけどね。

こういう時にスロットに行ってる場合じゃないよねっていう。

僕らしいといえばそうとう僕らしい行動だと思う。

 

 

とか書けばたいそうに見えるが、100円で買って150円で売るのはほんとだけど、原資を回収するまでできる保証はあんまりない(わからんけど

現状が続くというあてにならない仮定をすれば、今のペースだとプラテンまでに6か月はかかる。

 

 

やってて面白いんは、今の規模以上で取引すると途端に売り買いの動きが鈍くなるという。みんな小銭で遊びたいんだなという心理は見えた。

あと、自分がその場にいなくなるとしたら、おそらくこれまた売買が鈍くなるだろうから新規参入者は随時いないと先細るのは目に見えてるので、時には利益分から買い支えを出すか、大きく継続的に買う意思は見せないといけない。

BTCでボラがーボラがー、と言ってる人がよくいるけどよく分かる

 

 

こういうのはBTCでやる気はないけど、規模縮小版でもやったらやったで楽しい(片手間だけど

 

 

そうとう僕らしい

体調崩して暇だったからあちこち見てたんだけど、体調不良の期間中ずっとその作業をしてました。100円で買って110円から150円で売る作業。まあ、100回しても利益5000円だけどね。

こういう時にスロットに行ってる場合じゃないよねっていう。

僕らしいといえばそうとう僕らしい行動だと思う。

 

 

とか書けばたいそうに見えるが、100円で買って150円で売るのはほんとだけど、原資を回収するまでできる保証はあんまりない(わからんけど

現状が続くというあてにならない仮定をすれば、今のペースだとプラテンまでに6か月はかかる。

 

 

やってて面白いんは、今の規模以上で取引すると途端に売り買いの動きが鈍くなるという。みんな小銭で遊びたいんだなという心理は見えた。

あと、自分がその場にいなくなるとしたら、おそらくこれまた売買が鈍くなるだろうから新規参入者は随時いないと先細るのは目に見えてるので、時には利益分から買い支えを出すか、大きく継続的に買う意思は見せないといけない。

BTCでボラがーボラがー、と言ってる人がよくいるけどよく分かる

 

 

こういうのはBTCでやる気はないけど、規模縮小版でもやったらやったで楽しい(片手間だけど

 

 

アロマティックトークin 雑記帳

暗号通貨について動画かツイキャスで話そうと思ったんだけど、そういや引きこもりが強すぎて「あ、あああああああああ・・・」しか声が出ないのでやっぱりブログで書こうと決意した(いつも通り

 

 

 

書くネタは今だとカタパルトになるんだろう。なるんだろうね?

Q日本の取引所では上場しないんだろうか

A「知るかそんなもん。取引所に直接聞け」

 


・・・

 

 

 

どうなんだろうねー、実のところって

僕的にはカタパルト後のトークンが日本の取引所で扱われたら御の字だし、よしんばなくても海外で適当な取引所では上場されると思ってるので特に心配はしてないんだが、ここで大事なのは自分のルールでして

 

 

 

HFや今回のような件ではいったん売って単純明快にしておく

というのがトレードする上でのマイルールなんですよね。

これは出来事の好き嫌いではなくてルールに従うという自分の掟です

 

 

 

僕の場合だと、またどこかで買い戻すことになるんだけども、そっちのほうが手間暇かからないといったことなので、そうしたほうがいいよということじゃない。

TLでは悲観的な行き先をいろんな人が言ってましたが、儲ける手段はないわけではないだろうしチャンスとする人も多いでしょう。

僕はめんどくさいのが先に立つのでそれをしようとは思わん。

 

 

 

損確になってしまう価格帯で購入した分もあるので、利確する分も含めていったん清算するのも悪くないなーというのも通常の判断だと思ってる。

他の人がどうするのかは知らんね。

投げる分はもちろん残すけどもそれで移行時の操作なり対応しようかと思ってる。

 

 

 

まあ、海外取引所でもなんとかなると思ってるから気軽なんだけどね。

 

 

 

 


余計なお世話だろうけど、日本の取引所しか使ったことない人は、取り扱われないことも想定しておくのは必要と思うね。

継続して保有するのであれば、これを機に海外取引所のKYCについて勉強しておくとか、英語に慣れておくとかパスポートはなければ念のため作っておくとかそういうところ。もしも~かもは想定しておくのもいまんとこ暗号通貨を触るなら考えておかないといけないよねーっていう。

 

 

 

これは別に今のまんまでも必要な知識だし、間際で日本の取引所では扱われないらしいよっていうときの対処は考えておくのは悪くない。

まあ、海外の取引所は当たりはずれも多いので使用しないに越したことはないんだが、念には念を入れるようにしとくべきだろう。

 

 

 

取引所に置いとけば全部してくれて引き続き扱ってくれるっていうのが、もしかしたら今は最善なのかもしれんねー

以上は円転換するかBTCに替えるかする場合のことだけど、別にそうする必要がないのであれば粛々と手続きをすればいいでしょう。

まあ、現状はノード建ててる人や取引所がどういう対応するのかもそろってない状態で何を思っても無駄引きな状態かもです。

 

 

粛々と手続きしたいねー

興味を持てば勝手に調べる説

暗号通貨を覚えるときに、これを見たほうがいいよー的なお勧めあるにはあるが、基本的に何が分からないのかわからない状態が普通だと思うので、何が聞きたいかというより、どうせ興味がある人は勝手に調べるので、余計なことは言わないで調べるお手伝いくらいでいいというのが持論だったりする。

 

 

聞かれたら応える位とでもいうか、現状いくらでも話すことがあるし使い手を選ぶのが暗号通貨だと思うので、僕が知った時もオタクのおもちゃと言われていたが今もそう変わらないとは思ってる。

開発者以外は投げて遊べばいいやんとしか思わないなあ。

興味を持てば勝手に調べる説

暗号通貨を覚えるときに、これを見たほうがいいよー的なお勧めあるにはあるが、基本的に何が分からないのかわからない状態が普通だと思うので、何が聞きたいかというより、どうせ興味がある人は勝手に調べるので、余計なことは言わないで調べるお手伝いくらいでいいというのが持論だったりする。

 

 

聞かれたら応える位とでもいうか、現状いくらでも話すことがあるし使い手を選ぶのが暗号通貨だと思うので、僕が知った時もオタクのおもちゃと言われていたが今もそう変わらないとは思ってる。

開発者以外は投げて遊べばいいやんとしか思わないなあ。

ボトルネック期

以前ですけども、人類の歴史の過程で何回かボトルネック期という人口超減少期があったよね云々というのを書いたことがありますが、ボトルネックというのは注ぎ口の首の部分が細くなってるとこを言うんですが、要はおしりと頭の間にある首のちょー細い部分の容積が減ってますよね。という感じで受け取ってもらえれればいいんですが、人類も何回か消滅の危機を迎えたらしいのですが、たまにそういう時期じゃねーのか?と言われて久しいです。

 

 

が、あんまり私としては自覚もなくてですね、それって主にトレーダーの入れ替わりであってホルダーやプレイヤーに開発者が減ってる印象は全然気がづかないんだが。

不思議なもので仮想通貨界隈の体勢や声の大きさはトレーダーのほうがイベントが多いこともあり、そちらの印象が強く感じてしまってるんじゃないだろうか。開発者にプレイヤーは毎日話すことなんてそんなにない。かわいい女子を見つけたら、うぇーーーーーーーーーーーーい!!!!ってはしゃぐぐらいが関の山である。

 

 

私としてはトレーダーとプレイヤーはそもそも人類とネアンデルタールくらい違う種別だととらえているので、いろんな道具の進化を共有していたり生活範囲も似てるのですが、身体能力や思考の違いがあるのでお互い離れて過ごす時間があっても特別困らず進化をすることは可能だったりする。

よしんばどちらかが絶滅しても遺伝子の違いがあるので、いなくなっても困らず繁殖には元から問題ないから両方絶滅するということにはなりづらい。住みにくくなれば居場所を変えればいいだけです。