暗号通貨(資産)の雑記帳

専門的な話なら他へどうぞ!!

旧式

特に書く事もないのですが、親からの支援ってやつとか上司にしてもらった事を振り返ってみます。平成の世も終わるというのに昭和のかほりが漂います。



親からの支援
高校まではだしてもらいましたが、そこからのお金に関する事は一切ないですね。
進学するにしても家を買う時も「あっそう」でした。

貧乏とかは全く無い家でしたけど、父が団塊世代でして戦争で僕にとっては祖父を亡くし、苦学して上場企業のまあまあな仕事に付いてたので、恐らく息子にも同じ体験をと思ったんでしょうな。


お陰で若い時は貧乏を楽しみました。
この時の思い出話だけで毎年恒例の忘年会過ごせますから。まあ、期間限定の貧乏だったのは親のお陰だと感謝してますな。



して、就職してからですが僕の本職とは全く畑違いのスキルを持つ上司に出会います(今でも上司)
「専門職なんで」は一切通じない上司でして、会社も作りたてだし、まあ色んな場所にひきづり回されました。
最初は専門分野を極めたいなとも思い恨みもしましたが、会社を作る大きくする継続するといった、社員の為にする仕事を教えて貰いました。上司のポケットマネーで。


考えてみれば、パーティでのマナーだったり色んな企業へ回り上司の人脈を引き継いだりと、二十歳そこそこの小僧によくぞそこまでしたなあと、今思えば上司も僕のような口うるさいガキに根気よく教えこんだなと、その立場になると思い出しては同じことをやってるなと笑う時もある。




病気になったのは全然上司のせいでもなんでもなくて、僕の自己管理が追いつかなかったのと、年齢的なタイミングも大きかった。自己裁量なんで尚更です。



上司と父には今でも頭が上がらない。
こういうのは流行らないのは分かるが、経験しないと分からないこともたくさんあるし、暗号通貨界隈でみる老害という言葉も理解は出来るが同意はしない。
伝えないといけないことを言っているまでで、どう取るかは本人次第だ。
あの時は、と経験する機会は多ければ多いほど良いよ。

nemlogで検索してみた

nemlogがスタートした時から、はてなでスタートのし方やらを書いてきましたが、検索をかけたところ今だにこのブログが上位表示されはしますが、みつこさんのスタートガイドが上位にきていたり、nemlog普及委員会(仮)のスレがあったりと、バラエティにとんだ内容が表示されるようになってきましたね。



足らない内容というか要望は、ウォレットとキーファイルの理解と使い方でしょうが、まあそこくらいは使える理解できる人を選んでもいいのではと個人的には思いますね。

敢えて使い方を細かく指図しすぎるのも、調べる楽しさを削ぐようで僕としてはこれ以上の説明をブログには追記しないです。



伊豆の踊子でもあったように、勇気があるなら炎を超えて来い!という敷居はあってもいいんじゃないかな?



とたかだか暗号通貨3年目の僕が言ってみますが。



にしても、古参の方々の投げ銭っぷりは凄い。
僕も自分のウォレットからnemを投入したくちですが、やはり古参の方々は規模が違うし継続性がある。
まさかこんなにnemlogを中心に色んなことが動くとは、最初思ってもいませんでした(ごめんなさい
最初の投げ銭がなければ、そもそもサービスが継続できたかどうかも疑わしいですもんね。
と、誰も言わないだろうからここで言っておきます。

仮想通貨はプロレスをしているのか 何度目

さて、今回は仮想通貨はプロレスをしているのかというのを具体的に「何を指しているのか」を書こうと思うんですが、着地点は武藤のムーンサルトプレス並に無い。



恐らくプロレスをしているという状態は、お互いにやり合うものの着地点がある茶番という意味でしょうか。



何故こういう思考になるのかをまず解説します。
着地点がある茶番。というのはシナリオがあるプロレスを言いたいんでしょうが、残念ながら国内では告発本のような本の内容が独り歩きして、一般にもシナリオがある茶番=プロレスという刷り込みがされた経緯があります。



茶番かどうかはさておき、ブックと言われるシナリオがあると公言しているのは、世界最大のプロレス上場企業WWEだけといって過言じゃないです。
このブックというのがあると上場を機に公開したんですがね。



日本最大のプロレス団体新日本プロレスは株式上場していない為、事業内容などの情報公開はしていないので、よほどプロレスに詳しくない限り日本人のクリプト界隈の人が発する「プロレスをしている」との言は、どこからか仕入れたあやふやな知識を使ってしまっているということです。




因みに武藤の何が凄いかを説明すると、WCWというアメリカのプロレス団体で毎日のようにメインイベンターとして活躍していたのですが、それを観ていた今活躍している外人レスラーがみんな観ていたという同じ業界人からのリスペクトが込められているからです。




ほんとに野球で言うと、イチロークラスのプロレスラーなんです。
藤波辰巳もMSGでの活躍が、レジェンドと評される一因でもあります。



話が反れましたが、プロレスをしていると使うのであれば、「WWEのようなプロレスをしている」と少し付け足してもらえると、大変助かります。




次回は、プロレスとはどのプロレスを指しているのか?スタイルのちがいについて語ります。

カチ勢

www.youtube.com

カチカチ君を使っててガチ感を出してる人は結局上手い人と店側には警戒される

 

これどの界隈にもガチ勢と言われる人がいますが、結局損する側に回ったり利用される側に回るのもこのカチカチ君を使うような人だよなと、思ったりする。

一番賢い人はTwitterで情報発信もせず見るだけ見てトレードに徹して儲けた根拠も何もかも隠し通す人だよね。これは間違いないなと。人からの羨望以上にウザい絡みを買う場合も往々にありますもんね。

 

 

これからトレーダーでもコインマニアでも情報発信をしてて両方振り切ってる人を内心「カチ勢」って自分の中だけでつぶやくようにしたいと思う。

 

 

さて、僕140文字以上の事はblogで書く癖に、blogで絡むのが実は苦手で人様の面白いと思うことも全然理由が分からないことが多い。

めちゃめちゃ更新するのも自己分析すると、暗号通貨に偏らないため偏ってると思われないほんとに書きたいこと言いたいことを見られるのが心境を読まれるのが嫌だと思うモザイク的なところがある。

 

 

 

人の心境を読むのは好きなのに、自分の心を読まれるのは嫌だ。

仕事の影響だな多分

 

 

暗合通貨ブログ勢やガチ勢やトレード実況勢も儲けや知識と引き換えに、発信した情報を意図しない読まれ方をしてると思うんですよね。ある意味可哀そうだ。

ほんとは全部必要なのにな。

 

 

偏りは偏見しか生まない。

2019年 ライトコイン 半減期

日本人に馴染みの無いメジャーなアルト(違和感)No.1のライトコイン半減期が今年の中旬(8月あたり?)にきますが、まあ今ブログを書いたところでまた忘れると思います。


なので、馴染みの無いながらもsegwitの時期をモナと競っていたりしたのを覚えている方もまだおおいのではと。



あれ2017年だったんですね。懐かしいにもほどがある。


さて、ハンゲンキ氏が来日される予定ですが、結構不安だったんですよね。相場が動くかどうかは。
何しろライトコインを購入したのはクリスマス前の所謂失望期だったんで、このまま沼るかもなと半ば諦めながらもジワ上げしているのを見ていると、なんだかんだで半減期相場を作ろうとしてる人がすくなからずいるようですね。



半減期とはという説明をこのブログでする必要は無いと思うので、詳しくはしませんが
定期的にマイニングの報酬枚数が減るイベントだと思ってもらえればいいです。
分かりづらければ
「毎年年齢を重ねるごとに試合数を減らされる獣神サンダー・ライガーがいますが、たまたま観にいった大会で試合に出ているのを知り、みんなそんな期待をしていなかったので普段よりも歓声が以前より増える不思議な状態」が半減期の前後と重なります。



半減期終わるとまた解説席に居る獣神サンダー・ライガーにもどるんですが、レジェンド扱いにいつの間にかなっていてレア感が広まりたまに試合をするだけで大歓声を浴びてるのがデフォになります。



今まででこの域にいったレスラーは、リックフレアーとジャイアント馬場山本小鉄しかいません。
それが半減期です。



何回も言いますが、どうせこの次期にブログを書いても忘れると思うので、備忘録までに。

クリプト○○勢

とりあえず分けとくか

・クリプトガチ勢
「そもそも」が好き
結構どの界隈でもいる。


・クリプトエンジョイ勢
ガチホが基本で、所謂古参に分類される


・クリプトトレーダー
BTCFXを中心にトレードしてる


・マイナー
マイニングに精を出す人々


・貸出勢
取引所の貸出サービスへ手持ちの通貨を貸し出して金利を得る人々


・クリプトブロガー
クリプト関連のブログを書き取引所などのアフィリエイトを行う人々


・ツルハシ売り
マイナーへ周辺機器を売る業者


・取引所運営者
そのまま


・個別銘柄のコミュニティ
そのまま


・クリプト開発勢
そのまま


・クリプト5ちゃん勢
そのまま


だいたいこんなもんか。
諸々兼務している場合が多いので、一概に自分は○○勢と区分することが難しい。


僕の場合はエンジョイ勢とPOSおじさんに貸出勢をを兼務してます。

それ必要なの?

見る立場で尺度で楽しみ方が違う
というのを理解してりゃ見るもの触るもの全部楽しいんですけどね。



投げ銭に丁度いいと思って参入したので、それがパブリックでも大きな間違いはなかろうと思うし、パブリックだからこそ価値が付くのかな?と解釈してますが


こと世界規模の金融市場を目標に(してるっぽい)ホワイトペーパーを見ると、裏付けってどこにあるんだろうか?と、無いのを悟りながらも探すことが楽しかったりする。


リップルにしてもなんにしても、送金やブロックチェーン技術を使うのにパブリックな市場である必要ってなんなんや。と疑問を抱いてはや2年。



赤子なら歩いてるであろう期間をもってしても、自分としてはまだ納得がいかない。



なのでマイナーアルトの99%コピーウォレットを弄りながら楽しんでたりします。
お金もあんまり掛からないしこれはこれで楽しかったりする。



投げ銭メインの使用用途なら、問題が起こってもそこまでリスキーじゃなかろうと思うんだが、金融システムに風穴開けるぜ!みたいなやつがまじでトラブった場合に、リスクを保証できるだけの金はあるのか?は仕事に置き換えて考えてしまうので、考慮しちゃうんだな。




パブリックである必要って、頭の片隅に置きながらいつも草弄りしてます。
すんごい楽しい